北海道旅行秋冬編見所の景色は?

秋の北海道旅行における絶景スポット

桜とは本州の暖かい地方と比べてかなり遅れて北海道にて咲き始めるものです。しかし、紅葉の時期に関しては本州に遅れて冬にやってくるわけではなく、本州と同じく秋に北海道でもピークを迎えます。そんな北海道には多数の素晴らしい紅葉関連スポットがあり、道央の美瑛町には湧水に鉱物が含まれている関係で、水の色がエメラルドブルーである「青い池」という名所があります。この場所の周囲には緑色の葉が生い茂る樹木があって、春や夏には色のコントラストはありません。しかし、紅葉の時期になると、樹木の葉が緑・黄緑色から赤・橙・黄色に変わるため、水の色と見事なコントラストが発生します。そのため、この「青い池」は紅葉の時期においても高い人気を誇ります。

冬の北海道旅行における絶景スポット

冬においても北海道旅行に行った際は様々な素晴らしい景色を楽しめます。そのうち、12月に北海道に行った際は夜景やクリスマスイルミネーションに力を入れている札幌や函館に行ってみるのがおすすめです。北海道では大通公園にて大規模なイルミネーションイベントが開催されていて、こちらには都会的な雰囲気があります。一方、函館では赤レンガ倉庫の付近にイルミネーションがあり、全体的にレトロな雰囲気があるのが特徴です。イルミネーション関連以外では、澄んだ空気の中で札幌市の南西にある羊蹄山(通称、蝦夷富士)の姿が特に美しく見える季節のため、近くを訪れた際は、羊蹄山の姿が一望できる場所に行ってみる事をおすすめします。また、オホーツク海方面に旅行に行った際は、船に乗って流氷やアザラシを間近で見る事も出来ます。

函館山からの夜景や、青い海を背景に広がる異国情緒漂う街並み。美しいロケーションと、北海道ならではの海鮮グルメも楽しめる函館旅行は、きっと忘れられない思い出になります